@卑弥呼

himiko206.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 08月 18日

飛騨 15日・その 2

飛騨の里」を出た途端の下り坂で二股、、、「どっちだろ?」、、、旦那の「こっち」に疑いも持たずに行ったら、、、「来た時の道じゃないみたいよ〜」 ^^;
しかしまぁ交差してる 41号に出ただけのことで、そのまま然るべく 158号に出られるはず、、、しばらく行って「そこ右」「違うと思います。もう一本先です。。。ほらね」
直前で標識が出てるワケないんですケド〜。。。

てな感じの出発です。毎度毎度自信たっぷりにデタラメ言う旦那に、おかーちゃん、いきなり 不機嫌 ^o^;

158号を高山抜けて行く、て予定だったんですケドね、ちょっと行ったら信号で詰まりまくり。。。この調子じゃぁ高山市街地抜けてたりしたらどれだけ掛かるかワカラン気配。
いわゆるひとつの動物的勘で 41号に戻り、遠回りだケド 県道 89号(実家への往路で通った道)を進むことにいたします。
スイスイ流れ、ちうかブッ飛ばし ^o^ ほどなく 158号に合流。

一体何を積んでいるのか数台前の重そうなバンの「下りだけ元気!」に、「明るいうちに高速に入りたいな〜」なアタシはイライラしつつ数珠繋ぎで走り、間の何台かが右に左に消えていって、、、直後に付いたらしばらくして待避所入ってくれましたよ。もちろん煽ってなんかおりませぬ (8-p

が!安房トンネルに入るところで旦那が、「はい。そこ、右」
らんらんらん♪て感じで走ってたワシは何も考えずに右折車線に。。。。ってアンタ! まぁた一個早いよ! 次の右折車線だよっ!!
例の重たいバンが通してくれた数台が脇をどんどん通り過ぎ、左に戻れねぇ orz

結局、安房トンネルは例のバンのもっと後ろを走っておりました。とさ。

バンのドライバー、「ばーか ^o^」とか思ってただろな〜 ^^;


去年はココで、ぽけ〜としてる旦那を尻目に「アレ? ここ右じゃない?」とすんなり入れたんだが、今年は「頼むよ。あたしゃぁ知らんよ。1年前のこたぁ忘れてるし〜」とお任せ状態だったんだな。。。
やっぱ、しっかり自分で事前にチェックしとくべきだ!
ナビ無いしっ!


家庭不和の元だっ!


あ、もう一箇所あったんだ。。。山道走っていたら、標識を見落としたのか突然右折車線と左折車線の二択になっちゃったんだが、ずっと地図を見てたはずの旦那は黙ってるから「アレ? どっち!!?」
山側の左に寄って脇に停車するしかなくなって、とほほ orz
結局右側だったんだが「左行っても どうせ通れないし(通行止め)。。。」って、ンなこの辺の道路事情なんてあたしゃぁ知らん!

肝心な時に地図も見ないで黙ってるし、自信たっぷりにデタラメ言うしっ!

あ、往きにも、直進の道・右に入る道・どこぞの駐車場にでも入るっぽい左の道、がある状況で「左、左!」て言うし orz
ムスメが「そゆ時は『真っ直ぐ』て言えばいいんだよ」ちてたが、その通り! 標識通り直進しようとしてたアタシを混乱させることばっか言う ^^;

走るのは大好きだケド、基本的にゃぁ、

スーパーまでの往復程度の

おばちゃんドライバーなんだぞ !!


ま、去年の記憶が曖昧な、ちうか、お任せ状態だったワシも悪いですし〜、運転しない人に的確な指示を出せ、てのも酷なものがあるのは解ってますです。はい ^_^;>旦那様


とかなんとか言いながらまだまだ不機嫌は「続く」 ^o^


by himiko206 | 2006-08-18 14:40 | お子様・家族 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 飛騨 15日・その 1      飛騨 15日・その 3 >>