@卑弥呼

himiko206.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 08月 18日

飛騨 15日・その 1

c0004211_18492328.jpg相変わらず暑いです。。。飛騨なのにっ ^^;

出発は午後の予定。
せっかくだから合掌造りでも見に行きましょう、ちうことで、じいさんばあさんも如何でしょーか?ちたら体調の悪いじいさんは「疲れるから ^^;」、ばあさんは「暑いから ^^;」と。。。

c0004211_1947197.jpg
義兄一家は一旦戻るそうだけれど、ウチ等はそのまま帰るので「また来ますね〜」とお別れして、、、
白川郷」まではちょいとコンジョが要るカモ、とのことなので高山近くの「飛騨の里」に向かいました。
途中のマックで、お約束の「ついつい発動・連帯感」 ^o^

c0004211_2033681.jpgc0004211_2032282.jpg
ビミョーに外した土産物屋の巨大招き猫。。。
あ〜んど、そろそろムスメに身長を抜かれそうな気がする一枚です。


コレ買って〜、のムスメに、土産物屋は後で!ちうことで、まずは入館料(大人 700円・小中学生 200円也)を払って入館(?)いたします。

c0004211_2028192.jpg

「シャッター押しますよ〜(^_^)」ちうことで、押してもらいました。
本格的なカメラ(?)でも写されて、その写真は「買っても買わなくてもどちらでもヨイですよ〜」ちうことでした。順路に沿って歩いていったら、できてました。遊園地のコースターにありますね、そーゆーの。
もちろん買わなかったので ^^; いくらなのかは不明デス。
手持ちのカメラのシャッター押してくれる、てのがヨイです。ま、他の客に頼めばいいことなんですが〜 ^o^;
でも、今回唯一の家族全員写真だな。。。看板(?)が余計だケド ^^;

c0004211_20443628.jpgc0004211_20473547.jpg
ムスメがいきなり入り口付近の「草木染め体験」に引っ掛かりました 。
好きだねぇ、あんた ^_^;

30分ほど掛かるようです。
んじゃ、ワシ等は建物見て歩いてるから、終わったら電話しな〜、てことで別行動に。体験料 800円也。
帰ってきてから、夏休みの自由研究用に草木染め体験のレポート書いてましたねぇ。

c0004211_2151254.jpg囲炉裏端で、「ばあさんや(^_^)」「じいさんや(^_^)」てなことやってます。


c0004211_2165322.jpg







まるで自分ちのように馴染んでる旦那 ^o^


c0004211_21115142.jpg屋根用の茅(かや)の木を裂きまくる、御年 80過ぎのじいちゃん。
最初は完全な「丸太」でした @_@


ヨイ感じです〜〜。住むには大変そうだケド ^^;

c0004211_21163339.jpg



c0004211_21182424.jpg

c0004211_21391746.jpgc0004211_21394435.jpgc0004211_2139557.jpg

c0004211_21402592.jpgc0004211_21403780.jpgc0004211_21405050.jpg

c0004211_2234790.jpgc0004211_224070.jpg




ところでコレは何? ^_^;

c0004211_2146424.jpg
1時間ぐらい掛かってようやく草木染めハンカチ完成!のムスメと合流です。

ムスコは休憩所で「記念メダル」を作りました。昔っからある、好きな文句を刻印するヤツですね。

2006 08 15 SIMON *****(名字) FAMILY SEGA

だそうです。。。「SEGA って何なのよ」「SEGA が好きだから ^o^」とのこと ^^;


c0004211_227426.jpgc0004211_2275532.jpgさて恐怖のお土産選びです。
アレ買ってコレ買っての連中がいますから orz
給料日までの残金がキビシイのでカード払いです。
情けなや〜〜
ムスメは さるぼぼ の絵のついてる木の貯金箱。「だって、前から貯金箱が欲しかったんだもん」とかいいながら実はコレに付いてる小さな「鍵」が気に入ったのはバレバレですから〜。あ〜んど さるぼぼノート。。。一体、こーゆーちっこいノートばっかいくつ持ってるんだぁ?! ^^;
で、旦那は会社のお土産用に「子供の頃、好きだったんだよな〜」ちう飛騨のお菓子。
ムスコは、飛騨とは一切関係のないゲーム機。。。ま、この野郎はいつも こゆ感じですが ^^;

とかなんとか言いながら おかーさんが買ったのは遙か彼方のインド製、天女の羽衣 ストールだったりして ^o^
いぁ、冷房&日焼け対策用に超薄〜いジャケットが欲しかったのであるがなかなかいいのが見つからないまま現在に至っておったのであるがぁ、こゆのん羽織るのもヨロシイじゃぁん? もともと特に何かお土産めいた物買う気は無かったんだし〜、単なる「買い物」ちうことで〜 ^o^

c0004211_22165019.jpg
んじゃ、そろそろ帰りましょ〜

4時40分、東京に向けて出発です!
混んでるかな〜 ^^;


by himiko206 | 2006-08-18 14:45 | お子様・家族 | Comments(4)
Commented by れお at 2006-08-19 00:28 x
>飛騨の里
高校の修学旅行が飛騨・高山でココも訪れました。
懐かしいなぁ~♪

それにしてもこの合掌造りってすごいですね。
地元のお蕎麦屋さんが古い民家を利用したお店で数年前まで
藁葺き屋根でした。
趣があったのですがメンテナンスが大変だとかで瓦屋根に直してしまいチョット残念だったな。。。


Commented by himiko206 at 2006-08-19 01:22
旦那は、「小学校の遠足で来て以来だなぁ」てなこと言ってたな。。。
確かにメンテ大変だろね。職人も減ってるだろうし。。。
Commented by 黒しゅう@仕事サボり中 at 2006-08-19 01:47 x
集合写真に写っている余計な看板の「1番」は、その日の一組目っちゅうことですかな?

んで、「← ところでコレは何? ^_^;」の物ですが、子供の頃実家に同じものがありました。まぁ農家ですから。

足踏みでドラムを回転させた所に稲穂を当てて籾を落とす最初期の「脱穀機」です。
詳細はこちら。
http://www.tabiken.com/history/doc/L/L180R100.HTM

で、脱穀機以前はこれを使ってましたし、これの残骸は納屋の奥で見たことがあります。
http://www.tabiken.com/history/doc/K/K238L100.HTM

で、籾とその他のゴミとの分離は、この唐箕(とうみ)を使います。実家にもありました。と言うか、多分今でもある。
http://www.tabiken.com/history/doc/N/N033C200.HTM
Commented by himiko206 at 2006-08-19 13:53
やっぱ脱穀機ですか ^^; どこぞにそういう文字がないかと見たんだケド書いてなくって、んであらためて見たら「イネコキ」て書いたぁるわね ^o^
んでさ、、、この頃って、横書きは右から左に書いてたんじゃないのかしらん、て思うんだが左から普通に書いてある。。。
2番目URLの「後家倒」て可笑し〜〜

>集合写真
アタシも一組目なのかと思ったけれど、もう午後だったしねぇ。。。店開き(?)したばっかだったのかしらん。。。??
確かにワシ等の前に誰かが写されてる気配は無かったケド、、、写真買わされると思って警戒して座らないのかしらん ^^;
名前
URL
削除用パスワード


<< 飛騨 14日      飛騨 15日・その 2 >>