@卑弥呼

himiko206.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 03月 13日

✔ 毎日送り迎え

ムスコが足首捻挫で松葉杖、、、 ^^;


土曜の夜、湯屋 から帰ってムスコは先にそのまま家(のある階)に向かい、アタシは立体に車を入れ、助手席にムスコの iPhone が落ちてるのに気付いてポッケに入れて、上に上ろうと中に入ったら、、、非常階段の下でムスコが倒れて呻いておった。。
「どしたっ?」「コケたぁぁ」
下りてくる時にどうやら足を踏み外したようで、、一旦家に帰ったのに どうして慌てて下りてきたのかというと iPhone が無いことに気付いたから ^^;

見ると、左足首が一気に腫れ上がりつつあり、痛みも相当あって動けないもよう。。
ううむ。。
骨でも折れてると大変だ、このまま病院連れてくべぇ、保険証持ってたっけ、、、と財布を探させたが(歯医者か何かの時に渡したんだよね)持ってなくって、んじゃ取りあえず保険証(多分、返してもらってアタシが持ってるはず)持って来るからここで待ってろ、寒くはないか? よし。すぐ下りてくるから! と。



と、10日の日にここまで書いて放置 ^^;
な〜んか、のんびり座って書いてる時間が無くってさ〜


と、いうワケで続き。




家に戻って探し回った保険証は結局アタシが財布の中に持っていて、急いで降りて行ったら、非常階段下で座り込んでるムスコの横におばあちゃん(と言っても 65ぐらいかな)がいて、「あ! お母さん? 運転できるの? 今主人に車回してもらってるから!」「あ、ありがとうございます。はい、だいじょぶです。これから病院に連れて行こうと、、」「どこの病院行くの?」「***病院(いつもの大学病院)に、、」「今日診てもらえるか聞いた方がいいわよっ。え〜っと、、」と自分の持ってる診察券(その病院の)見て電話をかけてくれて、「高校生の男の子なんですケド、、」と確認のお電話を始めちゃって、、、病院に繋がったケータイ渡されて話したら今夜は整形外科の担当医がいないので他に行け、とのことで消防庁緊急なんちゃら案内の番号を教えてくれて、、、

てなことやってたらおじいちゃんが現れて、「車持ってきたから、とにかく乗りな」とムスコをおんぶして連れてっちゃった。。いぁ、連れてってくれて、、自分の車の助手席に。マジかよ、あわわ
おばあちゃんは「いーのいーの、この人明日休みだし(ってことは仕事してるのね)」って、そーゆー問題ではなく。。

いやぁ、、駐車場から車降ろせばアタシが連れて行けるし、時間も時間なのに同じマンションとは言え見ず知らずの人にそこまでしてもらったら申し訳ない ^^;
が、話はどんどん進み、「寒いからとにかく乗りなさい」とアタシも後部座席に座らされ、、いぁ、座らせてもらって、、暖かい車内で消防庁緊急なんちゃらに電話してたら、先方の言う数軒の病院名・電話番号控えるためにバッグから手帳とペン出して貸してくれて、、、じいちゃんとばあちゃんで そこ(アタシが電話で復唱してる病院名)なら近い、とかあの病院は最近引っ越した、とか話してて。。。
で、電話切るか切らないかのうちに車は発進。慌ててシートベルト締めながら、「いや、あの、その、だいじょぶですから ^^;」「いいのいいの」
うわぁぁぁどーしまショ

緊急なんちゃらで聞いた病院に電話した時に「夜間で会計が閉まってるんで、保証金(だっけ)に1万円要る」とか言われて、それの受け答えをしていたら「いくら要るって? 持ってる? おとうさん、途中のコンビニで止めて、、、」って、金持ってなかったら貸してくれるようなこと言ってるしっ
多分必要だろうと、ムスコの2年生の教科書購入用に用意してあったお金持って出てきたから良かったケドさ ^^;

「こういう時はお互い様よ〜」と言われてもなぁ。。。
お孫さんも高校1年生で同い年の男の子なんだそうで、、なるほど。。
なるほど、ってのも変だケド ^^;

車はスバルの、、SUVっちうんですか? アウトドアっぽい でっかいピカピカの新車で、最近届いたばかりなんだそうな。
広くて実に快適で、じいちゃんなかなかのスピードでスイスイ操る ^^;
目当ての病院、船頭が多くて通り越して後戻り不可な長いトンネルに入っちゃったケド、抜けきったところでひょいひょいと Uターン、とか。。
クルマ好きそうね〜〜(スバルな人って そゆとこあるよね ^o^)
じいちゃん、と言うには申し訳ないシュッとした感じのおじいちゃん(?)で、ジーンズにナイキのダウンジャケット着用。
細身だケド、ムスコをヒョイとおんぶするぐらいだから体力もありそうな、、、奥さんの方もテキパキと気が利く、っちうかなんちうか、、、実に仲のいい初老のご夫婦で、あ〜、うちにもこんなじいちゃんばあちゃんがいてくれたら良かったのにな〜! ってか、、、こういう夫婦(長年連れ添えば自然に解る阿吽の呼吸。アスペにゃ不可能)になりたかったな〜 orz 、、とマジでしみじみ思ったわ。。


ご夫婦にお礼を言うばっかで、ムスコの心配の方がどっかに飛んでっちゃってた気配もあるな ^^;


もう恐縮しまくりのまま程なく病院到着。
ここで待ってるから取りあえず受付で聞いておいで、っちうんでアタシだけ先に降り、話を付けて車に戻ったらじいちゃん再びムスコをおんぶして裏口の急患受け付けまで m(__)m
後で気付いたんだケド、裏口に車椅子があったからソレ持って戻れば良かったわね。。

どれぐらい時間掛かるか分かんないし、後はタクシーで帰るからどうぞこのまま、、、と言っても「いぁ、だいじょーぶ」
ううむ。。
すぐ戻るから、と一旦出ていったおじいちゃん、「家内は明日仕事だから送ってきた」と、我々のお迎えのためにトンボ返りしてきてくれたようで、、、実の親みたいな気がしてきたわ ^^;


ムスコは靱帯損傷、よーするに捻挫なんだが、レントゲンだけでは細かいことは分からないし整形外科医がいないので月曜の朝に予約入れとくからまた来い、っちうことでギブス付けられ松葉杖渡されて(1日 100円、保証料 8000え〜ん)おじいちゃんの新車に乗っかって帰って参りました m(__)m

せめてお名前を、部屋番号を、と聞いたが教えてくれないしっ
目印はスバルのデカい車、っちうだけなんで、下ろしてもらった入口近くの離れた位置から、じいちゃんが車を入れていた駐車場の大体の場所だけを確認して、帰宅。。



以来、毎日ガッコまで送り迎えをやっております ^^;



てなこと書いてたらムスコからメール。
「ごめんなさい。今日は午前授業だって」とのこと。。




っちうと、、もうちょっとしたらお迎えに出なければだな。。ンなこたぁ聞いてないから わざわざ持たせた弁当は家でちゃんと食えよっ







ところで、親切な初老のご夫婦の居所は突き止めました ⌒o⌒

次の日、出掛けるムスメに「スバルの、こ〜ゆ〜感じの車があの辺にあるはずだから駐車場番号を見てきてくれないか」と頼み、ソレを頼りに。
うちのマンションってさぁ、部屋と駐車場がセットになってるんだな。価格も駐車場の位置に関係してる。(部屋が同じ間取りでもセットの駐車場平置き付きは高め、立体てっぺんは安め、とか ^o^)
住人同士で駐車場所の交換でもしていない限り入居時のリストのままのはずなんで、当時のパンフレットを見ればアジトはすぐにバレるのだ ^o^

名前も教えてくれなかったぐらいだから あんまり畏まったお礼もアレなんで、「後は、帰ってお酒飲むだけだから気にしなくていいのよ〜〜。飲むのはアタシだけでこの人は飲まないケド ^o^」と言ってたおばあちゃんにはワイン、「(おんぶで)腰、大丈夫だったかな」とムスコが気にしてたおじいちゃんにはインドメタシン配合の湿布薬お徳用大箱 ^^; を「失礼かとは思いますが」と火曜日に持って行きました ^^;

ここは息子のマンションで、息子達は引っ越しちゃったケド空けとくのも勿体ないから2人で越してきた、もう3年になるケド、なんておっしゃってたから、そ〜ゆ〜事情(駐車場番号で部屋がわかる)はご存じないカモで、だとしたら吃驚しただろな ^^;

車は出せても動けないムスコを運ぶのに手こずっただろうし、いきなり病院に行っても何かと手間取っただろうから、ホントに感謝しております。
ありがとうございました! 040.gif





ムスコの方は相変わらずまだ痛いようで(足首の腫れは少し引いてきたケド足の甲がしっかり腫れたまま)、家の中でも松葉杖の不自由な生活を強いられております。

おかーちゃんも、、あ、そろそろ家を出ないとだな。。ガッコが近くてよかったよ、全く ^^;

by himiko206 | 2014-03-13 12:18 | お子様・家族 | Comments(8)
Commented by さぶる at 2014-03-13 19:16 x
ありゃ。足首は結構キツイんだよね〜。
右足首粉砕骨折した時はどうしようかと思ったもの。
おいらの時は親切な人は現れなかった~_~;
ま、「捻挫だろう、右足だし」と運転して帰ったけど…

変なくせをつけないように、養生しとくれ。
Commented by 康次郎 at 2014-03-14 08:41 x
世の中には神様のようなじいさんばあさんがいるもんですね。
こんな経験はしたことがない。
これもご縁ですね。
ぜひこれからも大切なお付き合いをしたい気分です。
Commented by at 2014-03-15 20:27 x
日頃から、すてきな息子さんのフアンだったと思います。
お手伝いできるのが嬉しかったのです。
早く息子さんの足良くなられますよう祈っています。
そして卑弥呼さんもお身体ご自愛ください。
Commented by himiko206 at 2014-03-16 02:03
>さぶりん
ああ、らぶりんとバイク教室(?)に行った時だっけ。。
粉砕骨折なんて、聞くだけで痛いんですけどっ
よく運転なんかできたわね ^^;

ま〜だ松葉杖よ〜〜
近所の整形外科に変えてから、少し腫れが引いた
Commented by himiko206 at 2014-03-16 02:12
>とっつぁん
うん。これからもお付き合いしたいモンだ!
ただねぇ、、現在のトコロ、こっちが先方のお部屋を知ってるだけで向こうはこっちを知らないので、、こっちから働きかけをしないと繋がりが持てないワケなんだが、どうしたものか、と ^^;
お礼を持ってった時に、「何かあったら連絡下さい」っちて電話番号でも教えておけばよかったかな〜、と。。
おばあちゃん(あんまし おばあちゃんぽくないケド ^o^)が「いつ こっちが人の世話になるか分かんないんだから、お互い様よ〜」なんて言ってたし、何かあったら飛んでいくんだが。。
あ、別に「何か」は、悪いことに限らないケドさ
Commented by himiko206 at 2014-03-16 02:26
>茜さん
いやぁ、それは無い ^o^
素敵な息子さんでもないしなぁ。。けっこう世帯数が多いマンションなんで、部屋が近くでもない限り、あんまし同じ人に会うことってあまり無いんだよね。。

病院に電話してくれた時に、ここには「高校生の男の子なんですけど」って書いたケド、実は「16歳の男の子なんですケド」って言ってたのよ。。
その時には、アタシが来る前にムスコに歳を聞いたから知ってるんだろな、と思ったんだが、今日ムスコに確認してみたら、聞かれて「高校1年です」って答えたんだそーな。
で、、孫と同じだから16歳ってパッと出てきたのかなぁ、と。。

早く治ってほしいよぉぉぉ
いーかげん草臥れてきたぞ ^o^
Commented by さぶる at 2014-03-16 22:58 x
ちょうどライダーブーツを持ってたから、アクセル踏むくらいならなんとかできたのよ。
左足ブレーキは訓練してあるので。
それに、骨折れてたと知ったのは翌日だった。足が三倍になってて焦って病院に行って知ったのだ。

一ヶ月松葉杖ついてた。でも当時の上司はイケズなので、それで錦糸町まで通ってたよん。
Commented by himiko206 at 2014-03-20 03:29
>さぶりん
ああ、、力込めなきゃなのはブレーキだもんねぇ。。
それにしてもさ〜〜〜 ^^;
そういえばアタシの弟は左利きで(それが関係あるのか無いのか知らんが)、オートマだとそれぞれの足でアクセルとブレーキ踏んでる、っちてたなぁ。。
名前
URL
削除用パスワード


<< ✔ どわぁ〜〜〜っと身体を伸ば...      ✔ 湯上がりには、、 >>