@卑弥呼

himiko206.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 03月 26日

✔ スランプの正体

c0004211_0181741.jpg

ビロード毛並みのエルザちゃん


c0004211_0143531.jpg

赤い屋根の家




この間書いた スランプ の正体がわかった気がス。。

若い頃、ってか学生時代、油絵描いてたんだよね、アタシ。。
その後は、絵(他人の。っちうかほぼ物故作家ばっかだケド)を売る仕事してた。
絵ってさ、ある意味「作る」ものじゃん?
対象物を「まんま」写し取るんじゃなくって、デフォルメしたり、色そのものだって構図だって、目の前に見えてるもの(とは限らないケド)を自分の中で消化して自分なりのマチエール使ったりして、そして作品が出来上がるワケじゃん?
まぁ「作る」て意識はそもそも無いワケではあるが。。。

ただ単に「写実的」なだけだったら、それこそ「写真でいいじゃん」てな、「写真」をワンランク下な物に見ている現実があったワケだ。
「写真」だから、というだけじゃなく、いくらでも複製がきく物、ちう意識もあるね。
よーするに、「絵」って、この世に1枚しか無い唯一無二の物。だから「写真」は「写真でしかない」という意識。
それも大きい。
売買の場では、版画ってのも「コレ1枚!」ではないから、それなり(どんな有名作家でもリトグラフなんて安かったし。。ただ、棟方志功なんかは「版画(板画)が作品!」な作家だから評価はタブロー並みだケドさ)だったりして。


で、今、iPhone写真の加工にハマってて、、、その中で「写すだけなら写真でいーじゃん」というアタシ的常識を激しく否定して下さる現実にブチ当たった、とでも言うのでしょ~か、、写真のシビアさをあらためて知った、と申しましょーか、、、軽く見てた感満載の「写真」の奥深さを知った、っちうか。。

そんなこんなを考えると、知識も技術も機材(iPhoneだしっ ^o^)も無い中で、結局は「作る(「撮る」ではなく「作る」)ことしかできない・どうしても「作ってしまう」己、に対するジレンマ、みたいな感じなのかな~~、と。
ってか、自分の中のイメージに近づけるために、絵を描いてるみたいな気分で「加工」すればするほど、本来の「あるべき『写真』の姿」からどんどん離れていく、っちうジレンマ、なのかな。。

ん~~~~、、、上手く言えないケドそんなケツロンに達したので、アタシはアタシなりの「作る」方向で「楽しめばいいじゃん?!」と思うのであったった 017.gif


c0004211_028398.jpg


by himiko206 | 2012-03-26 23:46 | 独り言 | Comments(2)
Commented by ozzy at 2012-03-27 01:01 x
姐さん、、真面目だなあ。

クリエイティブに対して、畏敬とか尊敬があるからそういう悩みにはまるんだろうなと思います。そういう@himiko姐さんを先輩として好きですわ。

スランプというよりも、ツールそのものに飽きてきた(感動しなくなってきた)のかもしれないですぜ!
次は、プリントして展示するとか!何か新しい動機があると次のフェーズがあらわれるかもしれないですよー。
今、簡単に安くフォトブック作れるし、何か作ってみるのも楽しいかもしれないですよ!
Commented by himiko206 at 2012-03-27 07:16
>ozzyさん
真面目?、、、そっかぁ? ^^;
でも、2行目は、確かにそういうことなのかもしれんなぁ。。

>スランプというよりも、ツールそのものに飽きてきた(感動しなくなってきた)のかもしれないですぜ!

言えてる! ^o^
名前
URL
削除用パスワード


<< ✔ 夕暮れ時      ✔ 金月木 >>