2009年 07月 29日

お嬢さんは体験授業中

c0004211_1161133.jpg

違うガッコを受けるカモらしいが、どうするのかな~


おかーさんはパノラマ中~
明るさが違っちゃうから別のアプリで調整してみたりしたケド、、、なかなかムツカシイ ^^;

himiko@iPhone

by himiko206 | 2009-07-29 11:06 | お子様・家族 | Comments(19)
Commented by nez at 2009-07-29 12:14 x
これは絵画だろう。すげぇ。
Commented by himiko206 at 2009-07-29 12:15
明るさだけじゃなくて、左側の方は彩度も上げたい感じ。。
ちっこい画面じゃ辛いわぁ ^o^
Commented by himiko206 at 2009-07-29 12:17
あ、nazさん。
今ねぇ、左側をちょい鮮やかにして繋ぎ直してみたんだが、、イマイチだな。。。
要研究 ^^;
Commented by himiko206 at 2009-07-29 13:19
彩度少し上げたらかえってビミョーになった ^^;

コレはアレだ! 向こう岸の木と、風で揺れてる手前の木の葉っぱがダブってる辺り(右から 3/8 ぐらいのトコロ)の処理を、アプリが悩んで遠景を手前に持ってきたっぽいのが敗因だな。。

ケツロン。遠景と近景が重なりなおかつ近景が動いてる部分は、1枚に収めて写すのがヨロシ。
Commented by himiko206 at 2009-07-29 13:22
ピントの合わせられる3GSなら、もっとイイ感じに写せそうな気がス。。
でも、右の方と左の方でピントの距離が違うちうのも、、、いいのか別に。ワカラン (8-p
Commented by nez at 2009-07-29 15:48 x
いや、イギリス絵画の良さを知っている先生なら彩度あえて落とす方向にいくはず。私の中ではけっこう勝ってる。彩度落とすのはむしろ右かと。
Commented by himiko206 at 2009-07-29 18:30
ははぁ、、なるほど。
泰西名画っぽい田園風景みたいな、そゆ感じね。。
手元の画集だと、、、ジョン・コンスタブルとか ^^;
ターナーとか。。
後で右の彩度落としてやってみようかね。。

んでさぁ、、先生と呼ばれるほど悪いことやっとらん、ちうに ヽ(゚_ 。)ノ
Commented by himiko206 at 2009-07-29 18:35
コレ、中心から右寄りのポカっと明るくなってるトコロがイイ感じだよな。。
右端の木の幹の黒っぽさが画面を〆てるし。。

意外といいじゃん ^o^
Vo¥¥oV フォッフォッフォ
Commented by こてつ at 2009-07-29 21:45 x
TiltShiftかけたみたいだ。

ってか、iPhoneでは「完璧」を目指すより「偶然」を楽しむ方が、俺にはあってる。
※だから、ToyCameraも偶然を楽しむため、イフェクトを絞らないで撮っている。毎回「ちっ」とかいいながら。
Commented by himiko206 at 2009-07-29 23:07
TiltShiftって何?、、、あ、ミニチュア風にするヤツか。。。
右端だけに焦点合わせたみたいだもんね ^o^

アタシも、ToyCameraはランダムで撮ってる。
その方が面白い ^o^
ただ最近は、フツーに撮って Photo fx で遊ぶのがおもろい。
でも、めんどい時&割とどうでもヨイよな物、の時は ToyCameraの一発がヨロシ。何撮っても味わいがあるし。
綺麗な色具合〜〜、て時なんかは、ToyCameraじゃ危なくて ^^;
Commented by 黒しゅう@仕事サボり中 at 2009-07-30 07:00 x
字数が多いと怒られたので、2分割

勝手に解説

TiltとShiftは別物でございます。
この二つを同時に出来るレンズは多数ございますが、どちらかしか出来ないレンズは自分の知る範囲では存在しませんので、ごっちゃにされてしまっているようです。

Tilt:フィルムと被写体側のピントの合う面は通常平行ですが、それをわざと傾ける機能。
例えば大平原の写真を俯瞰気味に撮ると、手前と遠景両方にピントを合わせる事は出来ませんが、Tiltを使ってピントの合う面を地面と平行にする事によって手前の近景から遠景までピントを合わせることが出来ます。
ミニチュア風に写す際には逆にピントの遭う範囲が狭くなるようにTiltします。
Commented by 黒しゅう@仕事サボり中 at 2009-07-30 07:00 x
続き

Shift:通常レンズの中心軸とフィルムの中心は一致していますが、それを動かす事によってカメラの向きを変えずにフィルムに写る範囲を上下左右に動かすことが出来ます。
例えばビルを見上げた状態で撮影すると、上すぼまりの形に写りますが、Shiftを使うと変形させないで写すことが可能になります。
また、映画等で役者が洗面台に向かっているのを後ろから撮っているのに、カメラが鏡に映りこんでいないのは、このShiftを使っていると思われます。(現場に立ち会ったわけではないので)

と言うわけで、この写真の場合はTiltを使って木立の方だけにピントを合わせたようになっていますね。
Commented by himiko206 at 2009-07-30 09:05
むむむ、、、ピントの合う面を地面と平行、、、、その意味はなんとなく分かるような「気がスル」が、レンズを傾けるワケじゃないのよね? ^^;
それができるレンズ、の「できる」って、、レンズの組み合わせみたいなことなのだろ〜か。。
Shiftの方はなんとなく分かった。。。ような気がスル ^^;
Commented by himiko206 at 2009-07-30 09:34
んでね!! その、「木立の方だけにピント」、の理由が分かった! ^o^
薄々と感じていたことなんだが、、、てか、作業中にも「だいじょぶかな?」と思い、載っけた画像を見た時にも「もしかして」と思ったんだが特に確認してなかった、ちうか。。

キッパリ分かったぞ! ^^;
右端以外の画像を明るくした時に、使ったアプリの設定のせいで解像度が落ちてるんだ! (8-p
ちょうど 1/3 に。
んであるからして左がボケて、右にピントが合ってるよに見える。
ひゃはははは。えっらい単純な理由 ^^;

しかし、解像度の違う写真も繋ぐ、、のか。
ソレが普通なのか何なのかは知らぬが、すごいモンだな。。あらためて感心した。

ちょっと手間だケド、真ん中辺の写真を上下で2分割して(重なり分も取って)下側の遠景だけ解像度下げて(てゆかそのアプリで明るくして)繋げば、張り出した木の枝がうまい具合に飛び出す、、んだろうな。。
Commented by 黒しゅう@仕事サボり中 at 2009-07-30 09:54 x
Tiltの効果はココ辺りを見てくんろ。
www.lensbaby.com/gallery-photo.php

Shiftの方は、標準レンズだと建物全体を写そうとすると見上げて写さなければならないのを、広角レンズを使って見上げずに写し、広く写ってしまった地面はトリミングで削ったのと同じ効果が得られます。
ここら辺りが参考になると思います。
www.kk.iij4u.or.jp/~domon/photo/manabu/manabu_3.html
Commented by himiko206 at 2009-07-30 11:53
あ、解った(多分 ^^;)>シフトレンズ

Tilt の方は、、相変わらず何のこっちゃらだが、被写界深度がどうこう、ちうことなのだろーか。。いや、違うな。。
レンズそのものの話なのか、カメラの構造の話なのかもワカラン。
でも後者っぽいな。。可動式レンズみたいな気がス。。。

こゆ感じ?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%8A%E3%82%8A_(%E5%86%99%E7%9C%9F)
でもコレはシフトの方か。。。

iPhoneのカメラは、シフトだのチルトだのとは真逆だな。
瓶とか写すと、ちょっと上から撮るだけでめっちゃ下がつぼまる。。って、、この程度のカメラなら当たり前か。。。
Commented by himiko206 at 2009-07-30 11:57
こゆのん、死んだ父に質問したらカメラを分解する勢いで説明しそうだな ^o^
ん〜十年前、ロータリーエンジンの説明する時にボール紙で断面模型作って説明してくれたっけ。。
元気かしら。。いぁ、死んでるケド。。
Commented by こてつ at 2009-07-30 21:14 x
黒しゅう@仕事サボり中さま

ご存じだとは思いますが、TiltShiftってのはiPhoneのアプリ名です。
TiltやShiftについての詳細な解説、ありがとうございます。
Commented by 黒しゅう@仕事サボり中 at 2009-07-31 03:39 x
こてつ様、

すみません、コンピュータを生業としながら、iPhoneはおろかiPodも買ったことがないアナログな人間でございます。←自分。

ちなみにShiftの方は撮影後の後処理で充分代用できますが、Tiltの方は現時点では後処理での再現は困難ですね。(距離情報が不足)
でもFujiの最新機種のF70EXRに搭載されている『ぼかしコントロール』を発展させれば実現できそうです。
名前
URL
削除用パスワード


<< iPropCalc      素晴らしいデュエット! >>