@卑弥呼

himiko206.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 05月 07日

やまだ紫

死んじゃった。。。そうか、60だったのか。。まだ若いのに。。

高校生の頃かな、COM で知ったんだよね。。。最近(と言っても ここ 20年ぐらい ^^;)の活動はよく知らないけれど、ずっとずっと好きだった。
mixi のプロフィールのレビューにも、真っ先に載せた。

c0004211_22222443.jpg

いつも手の届くところに置いて、時々眺めた本たち。

要するに漫画。でも、「詩集」、、だな。
特に、 性悪猫

c0004211_22371851.jpg




【天空】



ページが輝っている


空の写真だ

c0004211_223767.jpg
蒙古の空だ


遙か_____

蒙古の空だ




ああ、なんと、「遙か___ 蒙古の空だ」かぁ。。
猫を飼いたかったアタシは、蒙古の空に思いを馳せる猫の図に、、何とも言えない物(そりゃもう いろんな思いさっ)を感じたっけなぁ。。

c0004211_2354257.jpg
これ、大好き。。 【おーい】

c0004211_23155322.jpg

はーっ

・・・・・・

何を そんなに 叱ってみるのさ

歯も そろっておらぬ 赤子に わかりはしない だろうにさ

c0004211_23203916.jpg

ん ・・・・・・ と

わかるか わからないか わたしわからない

腹が立てば怒るのが 自然なのではないの?

見苦しくて 我慢できないから 我慢しないのよ

「子供の為になら なんでもできるぞ」
____ と思ったのは勘違いで
できることなんて
すべきことなんて
なんにもなくて
わたしが元気で 存在(ある)ことだけ

この現在(いま)も
わたしの人生だよ

せっかくお母さんに
なったのだから

わたしの思うままの
お母さんを やるよ

c0004211_23294419.jpg

そのうち やろうとしなくても お母さんでいられるよ

もともと 言葉なんて もちあわせていないから

あとは あれらが
勝手に
そだって行くよ

あれらは今
わたしを一番好きで
わたしをしっかり
見ているよ

追っても
逃げても
ついてくる

あはは
いいぞ

なんて
いいんだ

わたしが
お母さんだ

c0004211_23332150.jpg

おーーーい !!


わたしが
ずっと
おかあさんだぞ


子供になんて縁の無い頃(もちろん独身で)、コレを読んで、、、

うん。そうだよ。

だいたいねぇ、腹が立てば怒るのが 自然なのではないの?
見苦しくて我慢できないよ! 怒れよ!

ったくもう近頃のガキは! あ〜んど馬鹿親共は!
アンタの子がやってること見てて、アンタ腹立たないの?
世の中の誰もが無条件な子ども好きばっかだと思ってんじゃねぇの?
あんたの子を無条件で「かわい〜〜」とか言ってんのはアンタだけだよ。ば〜か!

アタシがもし、子供を持ったとしたら、アタシが「見苦しいと感じて我慢できないこと」を子供がしたら、断固として怒るぞ。
「怒る」んじゃなくて「叱れ」なんちうケド、そりゃぁ欺瞞だ。腹が立ったら怒るぞ。
悪いか ^o^
子供を育てるって、、よーするに、親の美意識を植え付けること。それでいいのだ ^o^
(まぁ、親の元々の美意識がズタズタだったら悲惨なんだケドさ ^^;)

そんなことをイロイロと思ったっさ。。
ただ、やってみると、それがなかなかムツカシイ ^^;
ここで叱ってもますます事態は悪化するだけだから、「周りの、子ども好きでも何でもない皆様方よ。ごめん!!」と思いながらハラハラしながら手綱を緩めて見張っていたり、とか、「こんなとこでこの勢いで怒鳴ってるアタシって、虐待とか思われてるカモ〜」とか。。

でも、、、「おーーーい !! わたしが ずっと お母さんだぞ」なのは確かだから、、なんっちうかな、、それはとっても、幸せなことなんだよな。うん。

c0004211_0492971.jpg

せけんなど どうでもいいのです

お日様いっこ あれば ・・・・・・


やまだ紫さん。。。安らかに。。。


by himiko206 | 2009-05-07 22:10 | 独り言 | Comments(5)
Commented by こてつ at 2009-05-08 09:08 x
う。
「偽善者よ、去れ!」って言われているような気がする。
教師ってのはある意味偽善者じゃなきゃやれないので、許してくれ。

COM!
懐かしい。
火の鳥もだけど、石森正太郎の「ジュン」がそこはかとなくエロティックで好きだった。
吾妻ひでおもこの雑誌の出身だったのか。
ja.wikipedia.org/wiki/COM_(雑誌)

復刻本が出たら、大人買いしそうだ・・・
Commented by bison at 2009-05-08 09:58 x
御意。

ウチの長男(26歳マイミク) には、
・電車に一緒に乗るときは、席が空いていても座らせない
 (いっちょまえになってから、座らないと死ぬと思ったときに座れ)
・「ガキのくせに!」と急にキレ出す
 (社会のTreatmentは、基本的に、理不尽で構成されている)
という教育方針で接してきたけれど、

・お前も俺も含めて、みんな「ろくなもんじゃない」んだ。
・ろくなもんじゃないと居直った後からスタート
・ろくなもんじゃない割に、好きでいられるヤツを友達にもつ
・自分の好きな「ろくなもんじゃない」を探し出して、にやけて大きく頷けたら、大人の始まり。
・好きなモノノには金を惜しむな。
・自分の好きなこととか友達とかを大事にすることが、自分を大事にすることだ。

とか…言って聞かせていたら…ヲタになった…orz
Commented by himiko206 at 2009-05-08 12:06
>お二方

やまだ紫の旦那さんの blog、倒れてから亡くなるまでのをず〜〜〜〜っと読んでたらもうお昼だ。。
腹が減った。うむ、私は生きている。

また後ほど(多分 (8-p
Commented by はりねずみ at 2009-08-15 12:37 x
ほんとに、いいですね。この詩。
@himikoさんがこの詩に心を打たれて紹介されているのも、またいいですね。お気持ちが伝わります。

追っても
逃げても
ついてくる

あはは
いいぞ

なんて
いいんだ

わたしが
お母さんだ

は胸に響きます。
私はhimikoさんとは違うところで、いいと感じたのかもしれませんが・・・
私は子供の頃いじめられっ子でみんなと友達になりたくて、好かれたくて、でも仲間はずれみたいな時期を過ごしていて、そして母親からもあまり愛情をもらえてないと感じてて、まあトラウマ持ってるわけですけど、子供が生まれたとき、この「なんていいんだ、私がおかあさんだぞ」っていう気持ちをまさに持ちました。
自分から離れていかない存在、自分がどのようであっても許して愛してくれるだろう存在を得たような気持ち。
エゴなのかもしれないけど、それが正直なところ。
うれしかったなー
Commented by himiko206 at 2009-08-15 13:01
うん。アタシもその部分、大好きだよ。
わくわくする ^o^

えっらい遅くに母親になったからさぁ、

おーーーい !!


わたしが
ずっと
おかあさんだぞ

の、「おーーーい !!」と叫んでしまうヨロコビも他人事じゃ無いトコロとかあって ^^;
名前
URL
削除用パスワード


<< 旦那です      ムスメのジーンズがみんな小さく... >>